<< ノエルとノアール | main | メールアドレスが闇に葬られました。 >>
胴フェチ、ではないが。

 

胴に球体を入れた思い出。

 

こんな球、あんな球。

 

そして、ムキムキから細身まで。

 

 

猫背、コルセット型。

 

 

その子に一番合った形を探した軌跡。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 
 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

| 制作日記 | 23:41 | comments(4) | trackbacks(0) | |↑TOP
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - | |↑TOP
球の様々な曲線とうねりにある、
熱感とかエロスとかギュっと詰まった生命感とか、
不思議な存在感だにゃあ…と、いつも思います。
明らかに大きすぎても違和感なく美しいとか。

ここ数年、すったもんだが続いており、
閲覧のみばかりでコメントもせず、失礼しております。
来年には、落ち着いて、
カウラドールズに会いに行ける時間もできるかと…。
| 野の字 | 2018/05/12 6:24 AM |
お久しぶりです、こんばんは&#9836;
見てくれてるだけでうれしいですヨ私。

こうやって自分が作った軌跡を並べてみると面白いなと
色々試行錯誤していたんだなぁと。
人形ってやっぱり「顔が命」的なところで胴体がどうだろうと
自己満足で自己貫徹な感じで虚しく感じたり負けそうにも
なるんだけど、
こうやって言葉に綴られると本当に
嬉しいし有難いです。
なんか一人恥部見せてるみたいよね(笑)。
いつまで人形作れるかわかんないけど、野の字さんのおかげで
いつもパワーもらってます。
いつも言ってもらうばっかで
なんもしてあげられなくてゴメンね。
またゆっくり会えるといいね。
| カウラ@管理人 | 2018/05/13 1:24 AM |
私はカウラドールズの世界観が好きで、
贔屓目で見てしまっているかもしれないので、
あんまり良い感想にはなっていないかと思います。

疲れ果てて心が凍りついて何も感じないような時でも、
カウラドールを見ていると熱を取り戻すのですよ。
友の創作を見るというよりも、
もうファン視線なのかもしれません。

どうしても顔の造形が重視される人形世界だけど、
私も胴体(全身)、服や装飾で隠される部分に気持ちが向きます。
そこをきちんと造形しないで、どうするの…という気持ち。

カウラドールの、冬の少年の雪焼けした赤い膝や頬や指先とか、
デフォルメすることで本来の魂の形に産み直された雰囲気の子たち。
みんな綺麗なバランスで愛しいです。

人体のパーツフェチなのかな… ^^;
だからこそ、某漫画の業病にもなった感じかなー。
いつか、黒髪の彼女の球体関節人形を作る夢も保持しています。
(本編で球体関節人形になって出てきてベックラしたけど。)

恥部というのは、すなわち生のコアなのかも、ですよ。
美観や視線に耐えるコアな生の部分を独自の形にするのは、
並大抵ではないと思うし、
やはり生来のセンスがないと成り立たないと感じます。
デッサン力や造形力や試行錯誤だけでは成り立たない部分。
| 野の字 | 2018/05/13 1:34 PM |
野の字さんはホント優しい。
甘えちゃってばっかりですまんご。

そうなのね、某漫画では球体関節人形が出てきて
私もベックラしたけど、どなたの参考にされたのかしら
なんてそっちに気が行ってしまったりで。
私ももっともっと上手に作れるようになったら
絶世のロン毛の美男子作りたいものです。

パーツフェチなのかなぁ。
その反動でコロンコロン体形の子も作っちゃうのかなぁ。
引き締まっていたらいいとかじゃなくて
太っちょには太っちょのかわいさがあって
見つけっちゃったら作っちゃうのねぇ。

そっか、愛でたカタチなのかもね。


| カウラ@管理人 | 2018/05/15 3:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND