胴フェチ、ではないが。

 

胴に球体を入れた思い出。

 

こんな球、あんな球。

 

そして、ムキムキから細身まで。

 

 

猫背、コルセット型。

 

 

その子に一番合った形を探した軌跡。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 
 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

| 制作日記 | 23:41 | comments(4) | trackbacks(0) | |↑TOP
ノエルとノアール

人形を複数作るとき、パーツがわかるように

仮の名前をつけるのですが、

 

下の画像の子の仮の名前は

 

”の”

 

左には”の””L”

右には”の””R”

 

の・える

の・あーる

 

 

「なんか名前みたい。かわいい♬」

 

と言う話。

 

 

 

 

時代に背を向くインスタ映えしない

ドキュメンタリー作業場・・・

 

3つのお顔を作って同時進行していましたが、

気分なのか相性なのか、この子が今進行中。

 

他の2人は熟成をさせています。

 

何度もチャレンジしていたグラスアイが

しっくりきたので、嬉しい♬

 

 

 

 

ただシングルアイなのです。

 

可愛くなるゾ。

 


 

| 制作日記 | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
2018 今年もよろしくお願いします。

 

 

昨年中はお世話になりました。

今年もよろしくお願いします。

 

今年も、地に足付けて制作に

取り組んでいきたいのはもちろんですが、

もうひと壁超えたいなぁと思っております。

これは、自分の力だけでは越えられないけど、

見守っていただけたらと思います。

あとは変でもマイノリティーでも

自分の好きなもの作っていきたいです。

 

 

 

 

それから、ひっそりFacebookにアカウントとってみました。

人形紹介と展示会等の情報のみにしようかなと

思いましたが、twitterと連携しているので、

人形に関係ないこともあがっちゃってます。

使い方もいまいちわからないし、

まだフォローと友達の違いもわからないし、

ショボショボレベルですが、

見かけたら覗いてやってください。wildkaular

 

 

 

 

 

 

年末年始にかけてフリフリフワフワお洋服を作っていました。

もう粘土にかからないと間に合わないので、

(ミシンと粘土一緒に出すスペースが確保できない)

小物までできませんでしたが、

ひと段落です。

 

ピンクの子は、フリフリ多過でギャザー多めです。

ワンピ、オーバースカート、ブラウスで、

ミシン糸2本以上使いました。

普通・・・じゃない気がする。

37cmドールにしては。

ピンタックもたくさん作りましたからね。

 

 

 

 

 

1.キャミソールとパンツ

 

 

 

 

 

 

 

 

2.アンダースカート

 

 

 

3.ペチコート

 

 

 

 

 

4.ワンピース

 

 

 

5.オーバースカート

 

 

 

 

6.ブラウス

 

 

下着の時点でカワイイ(自分比)と思いますが、

作っていて楽しかった。

 

今のところこの子たち展示の予定はありません。

 

いずれ見ていただける機会がありましたら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 制作日記 | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
今年中に。

 

ワンピースできました。

 

 

 

オーバースカートできました。

 

ちょっとまだ直すところいっぱいあるよね。

 

ボタンはお手製です。

人形靴用に2年をかけて3度目の正直で正しいのが買えた

カタメール(革の硬化剤)がここで日の目を見るとは。

 

人形サイズのボタン、

市販ではなかなかサイズが見つからないけど、

今は樹脂とかいろんな材料があって気軽に作れますね。

飾りだけだと、強度はそれほど考えなくてもいいけれど、

実際ボタンホールに通すなら、頑丈さは必要ですからね。

 

カタメールありがとう。

 

 

お人形のかわいい女子のお洋服、

見るだけでフリフリフワフワみんなカワイイ♪って

一色坦な感じで見ていたところもあったのですが、

実際自分でフリフリフワフワなお洋服を作ってみて、

ちょっと詳しくなったので、より手の込んだお洋服は

だいぶわかるようになりました。

レースの合わせ方のセンスとかピンタックもそうですが、

色の合わせ方とかもーう、穴あくほど見ちゃう今です。

(人形服だけじゃなくて人間服ももちろん)

 

 

 

 

あとは、ブラウスと靴とか小物とかリボンとか

まだまだ作ることいっぱいです。

 

今年中には終わりそうもありません。

(おかしいなぁ、予定では今年中に2人分終了のはずだったのに)

もう一人いるのにね。


 

| 制作日記 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
ピンタックとレース

ピンタックを作るときにやる糸抜き、

出来る生地とできない生地があるのね。

必死こいてやっていたけど、全然糸が抜けない。

織り方とか生地の密度とか。

無理してやらないでアイロンでやることにしました。

 

 

 

ペチコート作ったのですが、ボリュームが足りないので、

パニエ?作ってみました。

 

 

 

 

 

 

フワフワ増量です。

 

 

レースとかフリルとかに飢えているせいか、

これで出来上がりって言ってもいいんじゃないか、

って思ってしまうけど、

ここまでがインナーな感じでしょうか。

 

女の子ってタイヘン♬

 

 

 

 

 

 

 

| 制作日記 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
ないと・くろ〜ら〜

 

長らく油彩乾燥中だった三つ子ちゃんは、

すっぽんぽんでちょっとかわいそうだったので、

下着を作りました。

レースのちょっと大人っぽい感じに仕上がりました。

後ろはひものボタンループで止まっています。

 

髪色はこの色で決まりかな。

 

写真だと、白っぽい肌に見えるかもしれませんが、

実際はかなり色味があります。

白っぽい仕上がり(日本人形っぽい感じ)も

憧れますね。その時が来たらやってみたいです。

 

つないでから何日か経ちますが、油彩のつやつや感が

落ち着いたような。

ずっと置いていたのになぜでしょう。

油彩はまだまだ勉強中です。

 

 

そして色塗り用の台が空いたので、

デカい子たちの仕上げに向かっています。

 

 

 

今は、脚の微調整。コツコツ作業。

脚と脚の間に長い定規を挟んで左右対称を

見てみたり、立った時に真ん中に立っているか

みたり、同じに曲がるか、座りはいいか、

溝の太さはゴムとあっているか、まだまだ

微調整は続くのでありました。

 

膝関節も今回はスタンダードな感じです。

 

蒼の灯くんみたいな膝をもう少し

突き詰めたいところなんですが、

細身の子だと安定だけど、デカイ子だと

どうなのかなって感じです。

デカくない子ぐらいの筋肉の付き具合だと

ちょっと違うのかなぁとか思いながら、

 

またやりたい膝球なのでした。

 

 

 

 

| 制作日記 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
ちょびヒゲ。(近況)

 

繋がりました。

天気が悪くて写真がボヤボヤ

(いつも自分の写真はボヤボヤな感じがする)

(細かいところがわからんぼやけた感じが・・)

(わざとじゃないんだけど)

なんですが、こんな感じです。

 

顔が違う感じしませんか?

 

そう違う子だからです。

 

この子はデカくない子。

 

ここ最近作っている大きさ約57cmの子です。

 

大きい子は調整中でまだ繋がっていません。

(はやく繋がってほしい=3)

乾くのも時間がかかるんですねぇ。

三つ折り胴体に、相変わらず掌の肉挟めています。

 

 

 

 

 

そしてデカイ子の息抜き

(しょっぱいもん食べ過ぎたら甘いもん食べたくなるヤツ)

でボクイケメンも作っていますが、まだまだイケメン度が

足りません。もっとイケメンに作らねば。

内から出るイケメン魂をもっと表現せねば。

 

と作りかけとか色々で、仕上がっていませんが、

地道にコツコツ作っています。

 

 

 

 

| 制作日記 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
存在感はじめました。

 

作りがまだまだ粗いけれど、

バランスを見るためにつないでみました。

 

テーブルに人形を座らせて

部屋の電気を消したときに

”振り向くとヤツがいる”状態。

 

 

つなげただけで存在感がどわわ~と出てきました。

全体のバランスみます。

 

| 制作日記 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
繋げただけただそれだけ

 

ギャラリーぶんかとうでの

『2016 創作洋人形コレクション』無事終了しました。

見ていただいた方々スタッフ様、

ツイッターでのたくさんの拡散お気に入り

 

本当にありがとうございました。

 

今年の展示はこれで終わりです。

 

来年は2月か4月の予定です。

 

 

 

 

 

さて、人・形展からあまりブログの更新がされて

いないんですが、

そう、あげるようなことが何もなかったからなんです。

 

かと言ってもやっと繋げましたが、

繋いだだけなので、

書き込みだらけやすりもそんなにかけてもいなければ、

バランス、位置、長さ、造形、爪もないし、

最低限作って繋いだ感じで見せられるものかと

言ったらそうでもない。

けど、今の状態がほとんどを占めているのが通常なのです。

 

これからググッと自分の妄想(思い描いている理想のカタチ)に

近づける作業に入りたいと思います。

 

3人、前も作ったことありますが、カワイイんですよねぇ。

 

ただ、

 

マメに誰のパーツか書いておかないと

わからなくなるのがちょっと困りものですね。

 

それもあって書き込み消すわけにはいかず

真っ黒。

 

1体ずつ違う箱に入れながらやるって方法があるけれど、

乾かすときにごっちゃにしたらわからなくなるし、

裏に名前書いてみても、裏から粘土盛ったりしたら

わからなくなるし、

「どうしたらいいんだろぅ」

と、色々考えて、

 

裏側に色塗って色違いにしたらわかるんじゃないかな、

とか、ゴム通しの穴の形に特徴持たせたらいいんじゃないのかな、

とか考えたけど、

裏に書くのが一番なのかなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 制作日記 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
緑茶ガブガブ

 

まだまだ卵の中で育てている状態だから

見せられる状態ではないのですが、

小さい子たちを作っています。

 

小さい子の筋肉のないメリハリもない

つるんっとしたラインは未熟でとても魅力的で、

普段メリハリボディ多めに作っている自分が

作ろうとすると、どうしてもメリハリつけたく

なってしまって、そこをグッと我慢して

未熟なラインをなぞっていくわけですが、

造形の手を抜くわけではなくて、

手を抜くと初心者時代の棒みたいな腕脚に

なってしまうわけで、もちろんそれじゃないから、

難しいなぁと思いながら、

小さい子は、なんだろう、

「まぁ、肩の力抜いて楽しく作ってね」みたいのが

前面に来ている感じで、小さい子たちの表情も

おっとりまったりほっこりな3人です。

 

 

大きい子は、亀の歩み。

 

今は自分の周りでは風邪が流行っているようで、

ちょっと喉の調子がよろしくないので、

緑茶を飲んで予防しています。

 

しょうがハチミツ紅茶も喉にいいよね。

 

 

| 制作日記 | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
蓮始開

 

 

 

 

2体、繋げてみました。

 

 

 

 

 

 

 

球遊びの子、

足首の球は脛側につけました。

遊ぶために必要なのでそうしました。

だいたいは修正しましたが、

あとは、顔と腕と手を直していきたいと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

そして、もう一人も繋がりました。

一度も繋げないで作ったので佇まいが固くて

お人形の様。

(そもそも人形なんだけど、

カクカク感と緊張したボディーとか

直角に折れた腕とかもう色々)

 

カクカク感はこの人形には似合わないので

これからもっと自然なポーズが取れるように

修正して行きたいと思います。

 

あと足首球は球遊びくんに続いて脛側につけてみました。

こちらは特に意味はなく、赴くままに。

 

あとは顔、表情が浅いので、もうちょっと複雑になるように

なるよう精進します。

 

こればっかりは努力しても中々思うようになりません。

 

 

乾燥機付けて作業していたら、頭痛くなってきたので

そろそろ熱中症には気を付けなければいけない

季節ですねぇ。

でも、早く作りたいからついつい乾燥機使ってしまいます。

 

 

 

| 制作日記 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
自分のお顔

 

 

久しぶりの人形です。

 

なんか、似た雰囲気の顔になっている二人。

サイズも違うんだけど、自分の作る顔なのかなぁと

思ったりもして。

毎回、顔は違う感じになるように作っているんですが、

生まれてくる先は同じ指先なので、こんなことも

あるのかな。

それとも主観だけで他人から見たらわからないこと

なのかな。

 

 

 

 

先日、家族が入院しましてなんやかんや

バタバタしていました。

 

おかげさまで元気に退院したんですけど、

食事をちょっと気を付けなければならなくて

料理が得意じゃない自分はレパートリーが少ないので

献立を考えると頭真っ白なのです。

 

 

 

 

 

 

 

| 制作日記 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
人形は成長する。

できた子は、箱にしまっています。

その時に出てきた子。

 

球体関節の球が面白い子。

 

面白くてワクワクする。

 

 

 

この子は油彩仕上げの方が、

この球が生きてくるなぁ、

 

もっと生まれ変わらせてあげたいなぁ。

手を入れました。

 

 

ドールアイも作っている方にお願いして

もう在庫これだけなんですが・・・

と譲っていただいた大切でお気に入りの

目だったのですが、大きさが合わなくて

一回り小さいサイズに変えました。

色も変えたので、雰囲気も変わって

顔の雰囲気もどえらく変わりました。

 

どんどん男子化が止まらない。

 

 

まだ変わるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

この子の球体は、

作った当時はあまり表だって見せたくなかったんです。

あくまでなにもない状態で飾ってもらいたくて

 

「脱いだら実はすごいんです」

 

にしたかったんだけど、自分の意志があまり

伝わらなくて自分の思いはなくなってしまったきり

箱にしまってあったんですけど、

 

今度は脱いだらすごい状態で飾ってみようかな、

と思っています。

 

生まれ変われ。

 

| 制作日記 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
繋がりました♪








髪の毛貼り終わりました。
そして、ずっとトンカチビス打ちしていた
下半身も出来上がりました。

ちょっと首回りが寂しく感じたので、猫ちゃん鈴を
仮に巻いてみましたが、仮です。

上半身のあっさり感と下半身のこってり感と差が
あるので、

考えていた衣装を作るか、ちょっと考え中。

しばし眺めて
この子にしっくりする様に考えてみたいと
思います。










ホットカッター探していたら、謎のへらこて発見。

買った記憶もなければ、使った記憶もない。
たぶん髪貼りに買って使って見たものの、使いづらくて
違うやつ買ったから記憶から消え去っていたんだろうなぁ。
これ、先変えられるから、まだいろいろ使えそうだし、
小さいところのアイロンかけとか出来そうでよさそうなのに、
なんで記憶から消えたのか、もったいない。










 
続きを読む >>
| 制作日記 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
まつげまつげまつげ

睫毛の生え際って、
小さいサイズの人形だったりすると、
貼るスペースがなくて眼球と生え際が
くっついたようになっちゃうのは
仕方ないことだなぁと思っていたけれど、
「どうにかならないかなぁ」
とも思っていて、
1本1本貼った時もあったけど、
取扱いが大変だったり、
(触れないので梱包も大変)
取れ易かったり、
男人形だと、比較的薄め短めの自然な
睫毛じゃないとお化粧しているような目に
なっちゃうし、市販のつけまつげでは
根元が黒かったり、透明でもサイズが小さいから
ついてる感が否めなかったり。

つけない方がいい場合も多い男人形ですが、
気にならない程度に自然にあって、
横顔の時には断然睫毛あった方が人形が生きる。

理想ですねぇ。




この子は、睫毛多めですが、
睫毛の生え際の処理をしてみました。
どうかなぁ。










| 制作日記 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
万物盈満すれば草木枝葉繁る


布引高原。
風車がたくさんあって最近観光名所に
なってきているのですが、
天気が下り坂だったのもあって
強風ですごい速さで流れる雲の中にいる状態で
寒さでそそくさ降りてきたのでした。

天気よかったらすごい景色いいんでしょうね。



猪苗代湖。











人形は、地味作業が続いていて
UPするほどでもないんですが、

忘れられちゃう前に、



色塗り途中くん。
髪の色と同じトーンぐらいの肌の色に
なりそうです。









革貼り作業中。
なんか革漉いたり、金具つけたり、革貼ったり、縫ったり、アイロンかけたり、
使う道具が多いので作業スペースが狭くて大変なんですが、
形になってくると嬉しいですねぇ。

もう少しです。
| 制作日記 | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
神様が返してくれました。

ツイッターで3月18日につぶやいていた、
なくしたトランサー、今日出てきました♪


道具入れに使っているペンケースの中に
普通に入っていたのですが、
何度もそのペンケースの中探していたのに、
全然見つからなかったのに、不思議だなぁ。

出てきたついでに、
ポポちゃんのかつら
(イメージつかむため用に長年愛用しかししばらく神隠し中)
も出てきて下さい〜。




画像UPするほどできてないけど・・・


写真で見るとあんまり可愛くない。

贔屓目で見ているかな〜。


カワイイのポイントは人それぞれです。







| 制作日記 | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
つばめきたる
顔をだいぶ修正しました。
もっと洋なお顔立ちにしたいと
彫の深さを頑張ってみました。

何年かに1度、
作っているうちに
作っている顔の彫が平らになる病気(あえて病気と)
にかかりまして(原因不明)
原因の一つに芯の形があったのですが、
平たい顔の芯はいくら盛っても平たいことが
わかりまして、芯も彫深く作ったら、
同じように造形したら自然に彫が深くなりました。
そして、その直前に作った顔を見たら、
本当に平たい顔なんですねぇ。
そんな病気も治りまして(笑)。


これはヒビ出しの為に下地を一度塗って
仮メイクをしてみたものです。

磨きもこれからなんでお肌が粗め。
でも顎のあたりはリアルな男性っぽい
肌質に見えます。

採用はしないけど、新しい発見。







| 制作日記 | 18:42 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
西洋の絶壁
ひいな展と2016創作和人形展終了しました。

見ていただきありがとうございました。
主催者様スタッフ様お世話になりました。















この子の顔をどうしても洋なお顔にしたくて
だいぶいじっていたのですが、
後頭部が絶壁で思いっきり日本人でした(;^ω^)

ちょっとモリモリしたいと思います。

堀の深い顔って難しいですねぇ。
イメージに近づける作業が続きそうです。





 
| 制作日記 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
地味でも大事。


乾かし中。

バランスとか調整が本当にたくさんある。
細かいところをずっとずっと直す時間でした。
最初にきちんと左右作ってからやればいいって、

本人は「やった!」

と次の作業に入るわけだから、
なかなかうまくいかないの。

でも、クセはわかってきたから
とことん付き合うしかないのでした。

だんだんバランス取れてきたときの嬉しさと言ったら。

このひと手間があとあと後悔しないための
人形への愛情のひとつです。

 
| 制作日記 | 13:41 | comments(4) | trackbacks(0) | |↑TOP
繋がった、だけだけど、つながった。


今年も地に足つけて
しっかりと自分の表現を見つめて
制作して行きます。
楽しくね。





さてさて
直すところはてんこ盛りだけれども、
繋がりました。

この子は34cmぐらい。
小さめの子。


頭身が6頭身ぐらいなんだけど、
もっと頭身がある印象があるなぁ、
ってことが自分の人形ではよくあるなぁ。

これから色々と直していきます。


 
| 制作日記 | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
木ぃ・・・固いっんですけど・・・
ギャラリーぶんかとうでの
2015.AUTUMN 創作人形コレクション
終了しました。

ありがとうございました。





路頭に迷っていた膝関節ですが、
ちょっと出口が見えてきました。

迷っていたのは、粘土でジョイントを
作ると絶対壊れるから、金属板で補強した方がいいのか、
ジョイントの部品を探してはめ込もうかなぁとか、
色々考えて、考えすぎてわからんちんに
なってしまったのですが、
加工が比較的簡単で強度もある木材で

とりあえず作ってみようと

ホームセンターに行ってきました。

実は木材を使うのは2度目で、
最初は、創作人形3号
のサンダルをウッドソールで作った際に、
家にあった木材で作ったのですが、
それが建物用の木材で固い固い。
加工するのは力仕事で、次に木材を
使うときは柔らかい木を使おうと、思っていました。

なので、木材選びも工作用とかの軽くてできるだけ
柔らかそうな木材を選んで買ってきたつもりでした。
(割り箸ぐらい柔らかいイメージ)

が、実際加工してみると固い固い。
のこぎりはなかなか進まないし、小さいパーツで
彫刻刀では指切りそうになったり、リューターは
あんまり役に立たなかったし、で
前回の経験は全然役に立っていませんでした。
専用の機械欲しかったです。

でも、固い素材なので関節の強度は安心かな。






これが、





こんな感じにつなげてみました。
まだ仮ですが、進めそうです。








久々に”欲しい”と思った文具。
オレンズ、0.2mm。細くて気持ちいい。
これで、人形のイメージを描きためて
いきたいと思います。










 
続きを読む >>
| 制作日記 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
傍らには人にはわからないほどの小さな楽しみを。



前の時から全然変わっていない様に見えますが、
上半身と中半身に凹凸が増えました。



中半身がまるで他人のものと取り換えたような
感じで違和感がいい感じ。


ちょっとずつ変わってゆく立体感とか
考えて体動かして失敗して錯誤して
ラインとか新しいことが形になってゆくこととか

作っていて楽しいときです。

服を考えてこの胴体分割にしてみたけれど、
着せないで見せた方が面白いかな、って
思ってきました。



 
| 制作日記 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
子と仔
この人形のタイトル
差し上げた子らの”ら”

の”子”の字は”仔”にしようか、
ずっと考えていました。


あの子が捨てられた仔猫だったらの場合。

そんな2つの思いを持ちながら作っていました。

だから”ら”は、猫の耳なのです。

あの子も嬉しかったけれど、
わかってもらえた”ら”も
かけがえなく嬉しかったと思うのです。
















 
| 制作日記 | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
またまた素数のようなカタチ


胴体分割の受けをいつもの逆にしてみたけれど、
なんとも不思議な感じ。

創作人形2014-1号みたいに、
少しずつしっくりこないカタチたちと
バランスで作っている自分でさえ
すんなり入ってくれない感じです。

見ている人はもっとしっくりこないかも。


でもこれがもっと”面白い”
(カタチとしての面白いであって、
作っている意図の面白いとは別物)
になるといいなと、もうちょっと
しっくり来ないを楽しみたいです。

膝は、球体関節じゃなくて
間に板を入れての関節にしようかなと
思ったり。
でも、強度に心配があるので
球体関節にしての板入りにしようかなと
うっすら思っています。

足のラインや関節は、やったことないこと
ばっかりなので、
全体作ってから調整になりそうです。





次の参加する展示会は、
ぶんかとうさんの創作人形展です。
猫兄弟のジュンちゃんを出そうかと
思っていましたが、少し思うところがあり、
創作人形2015-2号を
出そうかと思っています。



↑の2015-2号ですが、今回いつもとちょっと
変えたところがありました。人・形展で見た方
気づいて下さった方いたかなぁ・・・。
上の画像にもあります。







ひじです。

球体関節の特徴の曲げた時に”パッカーン”と割れてしまう
ひじですが、実際人がひじを曲げた時にはひじの骨が
出るとんがった感じ、あのラインっていいじゃないですか。
あのライン出せないかなぁと、球の位置をちょっと調整して
やってみました。
まだ改良の余地はありますが、思ったラインに近づきました。





 
| 制作日記 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
夜寒の月
そう言えば、1号2号くん作った時にも
自然破壊とか針金犬とかうっすら
重いテーマも入れていたな、と。

それを感じさせないのも、
作風なのかなぁ。

いい方に取るようにしよう。



この顔は、前作ったくんを直しています。
目も、大きく感じたので、取り寄せて
一回り小さくしました。

わかんないぐらいにマイナーチェンジって、
ある意味人形の成長みたい。





 
| 制作日記 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
見ているようで見ていないができるまで。
この被り物にはタイトルがあります。
ぶんかとうさんの人形展では明記したのですが、
人・形展では明記しませんでした。

タイトルは
「見ているようで見ていない」


よく見える大きな目。
大きな頭。
不思議なてっぺん。



「あなたのことはいつも見ている」
「あなたのことは私が一番わかっている」
って言う人に限って本当の気持ちとか
わかって見ているの?
その言葉は自分のエゴじゃないの?
自分の為じゃないの?

本当に見ているの?

とか、

考えもしないですぐ人に聞く人。
もっと見て考えるってことしないの?
人の意見聞いて満足していないで
自分で考えた方が楽しくない?

とか、

未確認飛行物体とか妖精とか
いるのかいないのか見たことないけれど、
もしかしたらいないのじゃなくて
いるのに見えていないんじゃないのか、
目の前にいるのに見ようとしていないから
気づいていないだけなんじゃないのか、

とか、

そんな

”見ているようで”



全然見えない被り物に

”見ていない”

を込めてこの”ら”に捧げました。








| 制作日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
マントルの奥まで捨ててしまう

ブログを見直してみると、制作日記ちょっと
おふざけとか多かったかなとちょっと反省・・・

制作の合間のホッとした時にブログ更新するから
ちょっと気が抜けて書いているから
不真面目っぽい印象になっちゃうのかなぁ。

遊びの中からアイディアって出てくるから
愛情からついついそんなところ見せてしまうんだけど、
その遊びは作り手からの愛情であって、
作り手とオーナー様だけのものな様なものなんだと思います。

いつも真摯に取り組んでいるんだけど。

なんかうまく伝わらないね。





今は、足の球の入れ方を考えながらあれこれ
やっています。
描いてみたり、当ててみたり、
きっと何度もやりなおしたりして。


自分のカタチになるといいな。


| 制作日記 | 23:43 | comments(2) | trackbacks(0) | |↑TOP
お洋服を着せて下さいまし。



















 
| 制作日記 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
ハニヤス人形


次回は、頭でっかちクンです。













冗談です。


なんか、頭当ててみたら妙にコケティッシュで
ツボだったので。









青い目クンたち。

まだまだ顔いじるから、ドンドン顔が変わってしまって
戻れないから、今のお顔。
制作画像って、どんどん顔が変わっているのが、
あとあと見返してみると面白い。
pu-ppeの人形なぞ、顔の変化が画像でよくわかるなぁと
思います。

粘土で一つ一つ向き合って作るから
調子やモチベーション、気分、
よって左右されて繊細だったり、
短期間で決まらないから、時間が経って
いじってしまったりしまうので、時間かけすぎても
思いの芯をしっかり持っていないと流されてしまうし、
でも、思い通りに形作れなかったり、
とんでもないところに飛んで行ってそれが
結果オーライだったり、
それが粘土の醍醐味なんでしょうか。
| 制作日記 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND