pu-pe001人形制作日記【010】


全体のバランスを見るのにパーツを並べてみました。

やっぱり、顔が細くなったので、腰まわりが大きく見えます。
前の幼い感じの顔ならギリギリOKな感じだったのですが、
これはちょいと腰まわりを削ります。

なんか、1体目の人形"シロちゃん”を作った時にもこんな
ことがあった・・・。

まさにデジャヴー

結構大工事だった・・・けど、"2回目"なので〜・・・(不覚)。


今日はこれから人形教室ですが、季節はずれの大雪です、
積もってます

タイヤ、ノーマルに戻したばっかりなのにね・・・・。

今日は電車で行こうと思います。

こちらは桜満開の時期です。福島の花見山も
見頃だし、中合では北海道物産展やっているし、
車混むかなと思っていたのにねぇ。


4月から福島の教室に通っています。
今日は2回目。頑張ります♪


pu-pe001人形制作日記【011】に続く

| 1>pu-pe001制作日記 | 06:00 | comments(0) | - | |↑TOP
pu-pe001人形制作日記【009】
首と肩の球が







入りました。








pu-pe001人形制作日記【010】に続く

| 1>pu-pe001制作日記 | 00:00 | comments(0) | - | |↑TOP
pu-pe001人形制作日記【008】
3月は怒涛月間だったため、全然作れませんでした。
4月になっていろいろと落ち着いてきたので、
やっと再開できます。


久々にいじったら、顔がどえらく変わってしまいました。



修正後


2010.02.01のときの顔


やっぱり青年っぽくなってしまいました(ハハハ)。
顔の横幅も変わったので、体もちょっと
細くしなくてはいけなくなりました。







pu-pe001人形制作日記【009】に続く
| 1>pu-pe001制作日記 | 00:00 | comments(0) | - | |↑TOP
pu-pe001人形制作日記【007】

耳つけました。






頭と首をあわせてみました。



なんだか首の太さと長さが違う感じなので、
男の子らしく直します。



私は首と頭を一度くっつけて造形します。
面倒くさいので、くっつけなくても出来るなら
くっつけたくはないのですが、くっつけたほうが
バランスとか筋の流れとかモロモロわかりやすいので、
ついついくっつけてします。
(5くっつけ)



男の子らしい首になりました。
僧帽筋、なんか男子な記号。



顔のラインとかあごの位置とかモロモロ
くっつけるとわかりやすいのです。






このままでは上半身が女の子なので、肩幅を広く、
胸板も厚くします。

それにあわせて腕も筋肉盛ります。





盛りました。(左半身だけ)
首同様、腕もくっつけて造形します。






横から見た感じ。厚みがでました。




盛る前(右半身)




少年と言うよりは青年だってぐらい盛ってるような気が
すでにしていますが、まぁまぁまぁ・・・


盛って乾かして削って盛って・・・・
様子見ながら直していきます。

顔もまだまだ怖い。





pu-pe001人形制作日記【008】に続く
| 1>pu-pe001制作日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
pu-pe001人形制作日記【006】



グラスアイを入れました。

作品集の人形は、18mmのグラスアイでしたが、
この人形は16mmのグラスアイです。
男の子なので小さめが個人的にちょうどいいです。
瞳孔が小さかったり虹彩も小さめのグラスアイを
見つけるととても嬉しいです。

まだまだストンと落ちていませんが、大まかな
外形はいい感じなので、耳つけて首とかに
取り掛かりたいところです。



pu-pe001人形制作日記【007】に続く

| 1>pu-pe001制作日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
pu-pe001人形制作日記【005】


胴体と頭の芯を抜きました。

芯の表面がキレイだとヒビが入りづらいと
聞いていたので、乾燥したときに入るヒビが
いつもより全然少なかったです(楽ダ)。


顔は、なんか怖いです、全然です。

ここからは黙々と作ります。

自分のストンと納得するところに
落ちるまで。

そしてボディーの改造。肩幅とかもうちょい
男の子らしく。






pu-pe001人形制作日記【006】に続く


| 1>pu-pe001制作日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
pu-pe001人形制作日記【004】


普通は頭部から作るのに、最後に頭に取り掛かりました。
芯が出来ているので。

ちょっと不思議な感じです。

顔も、男の人形と少女人形はいろいろと違うところが多く、
先生に教わった作り方から、自分なりに引いたり
足したりして、自分の芯の削り方、粘土の盛り方に
しましたが、それをまた引いたり足したりして
初心に戻ってみたいと思います。


足したり引いたりしている間にポロポロ忘れていることも
多いな〜と改めて思いながら、

この頭部の芯で感激したのが、赤丸がついている
目尻の部分。

へこましたいなぁ〜と思って押したら”スーッ”と
へこんでくれました。

気持ちいい〜。

もう一度一から習ったようでした。
自分の芯まだまだだなぁ。



pu-pe001人形制作日記【005】に続く
| 1>pu-pe001制作日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
pu-pe001人形制作日記【003】


芯材に粘土を巻きました。

芯材に出来るだけ手をくわえたくなかったのですが、
あれから下っ腹の部分を少々削りました。


粘土の巻き方は作品集に載っているので、あの通りです。

粘土伸ばすときに空気をよく抜きます。


とにかく空気をよく抜いて伸ばしてから
巻くと、ヒビが入りづらい(少なくなる)と
思います。


巻いた粘土を乾かします。

pu-pe001人形制作日記【004】に続く
| 1>pu-pe001制作日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
pu-pe001人形制作日記【002】
シロちゃんは、7.5頭身です。
芯材は、胴体:足が3:3ですが、足長の方が好みなので
3:3.5、足を0.5頭身伸ばしたいと思います。





どうやって0.5頭身分伸ばそうか考えた挙句、一番簡単な
両端を0・25頭身ずつ伸ばす方法にしました。

でも、この方法だと、足首のラインが・・・せっかくきれいな
ラインがガッタガタになります。

でも、それは粘土盛って修正します。

足の真ん中(膝)切って0.5頭身分増やすことも考えたのですが、
なんか中心線とかズレそうな感じがしたのでやめました。

赤い線は、中心線です。
この状態で粘土を巻くと、粘土の裏側に線が写って、
私は助かるので書いています。
裏側に写るのがいやだったり、書かなくても大丈夫なら
書く必要はないと思います。


pu-pe001人形制作日記【003】に続く
| 1>pu-pe001制作日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
pu-pe001人形制作日記【001】


大竹京先生監修の球体関節人形作品集『風少女』で紹介されている
人形芯材
『pu-pe001』です。

この芯で男の人形をつくるのが、今回の私のやることです。

まず、この芯材ですが、
このまま人形を作るとだいたい7頭身70cmぐらいに
仕上がる様です。

芯材の表面はとても滑らかできれい。
出来るだけ芯に手を加えずに作りたい。

しかし、青年人形だと頭身や体型など違うところが多すぎる。
せっかくのキレイな芯材を根本からいじらないと
いけなくなるので、それではせっかくの芯材が・・・
と言うことなので年齢を下げて、この芯でも
作りやすい少年寄りの人形を作ることにします。

一番最初に作った一号のシロちゃんみたいな感じに
仕上げたいと思います。
1体目なので、半分以上は先生の手が入っているシロちゃん。
この芯材で作りやすいはずに違いありません。

pu-pe001人形製作日記【002】に続く
| 1>pu-pe001制作日記 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND